2018年10月6日土曜日

所沢MOJO「大人の音楽室」


 所沢MOJOにて、ピーターバラカンさんの「大人の音楽室」。



 その場のみんなでバラカンさんがかける音楽に聴き入る、不思議な空間。

 その曲にまつわるエピソードや、かけてくれる曲たちひとつひとつ、とっても素敵で面白かったな

 その流れに乗っかった塚本くんの演奏も素晴らしかったし、



 初めて聴いたChihanaちゃんがなにしろすんばらしくてびっくりしたー!

 スライドギターかっこいい!

 すごいミュージシャンがいるなあ



 パンタさん(頭脳警察!)が塚本くんのギターを弾いてるところも激写させていただきました



 どうもありがとうございました!

 所沢の、レアで貴重な夜でした。


 帰り道、

 バラカンさんとふたりで、ちょっと急ぎ足で駅に向かいながら、

 勝手にウッドストックの想い出や、吉祥寺の美味しいお店の話などを聞いたりしました

 柔らかくって、素敵な方だ〜
 

2018年10月3日水曜日

デザイン打ち合わせとマスタリング

 
 午後いちは、

 デザイナーのシンドウくんがうちに来てくれて、

 コード本と20thbest盤、公会堂パンフ等の打ち合わせ。

 シンドウくんは、いつもフラットに、そして繊細に、わたしの希望を読み取ってくれて、

 そしていつも素敵なデザインにしてくれて、

 とても信頼している。

 嫁のサエちゃんの絵も素晴らしく、この夫婦にいつもずいぶんと助けられています。


 もともとが子育て仲間、という始まりもなかなかの縁だと思う。

 わたしが息子を産んだ助産院の仲間で、

 お互いの子が同じ5月生まれで、

 幼稚園に入るまでは公園仲間で(井の頭公園のはしっこで、週に2回は一緒にあそんでいた)、

 子育て仲間で旅行したり、

 お互いの家を行き来したり、

 幼稚園も一緒で、

 小中は別れたけども年に何度かは集まってわいわいして、

 そして、まわりまわって、今年入った娘息子の高校がなんと、同じという!
 (お互い知らなくて、合格発表のときに偶然会って驚くという展開)

 
 そういうわけで、

 最近は、郵便を使わずに、息子⇄娘便で書類のやりとりをしています!

 すごい!笑
 


 夕方はエンジニア原くんがうちに来てくれて、出張マスタリング。

 プロのマスタリングを自宅で!

 畳の部屋で!笑


 今回もすんばらしい仕事をしてくれました!


 原くんは、クラウン時代にアシスタントで入ってきた若者で、

 それが今では、わたしたちの仲間うちではひっぱりだこの、

 素晴らしい感性のエンジニアです。


 夕方、わたしが別の用があって、

 作業途中の原くんに、好きなタイミングで帰ってね〜、

 鍵はとくにかけなくていいよ〜、と言い置いて出かけた。


 数時間して戻ると、

 原くんは、まだいた。笑

 (その後戻ってきた夫に酒をすすめられ、遠慮がちにそのまま飲み始めていた)

 そんなら一緒に飲もう!と、つまみをつくりはじめ、

 急に居酒屋ともちゃんになるのでした。

2018年10月1日月曜日

休憩


 都民の日で高校がお休みの息子とランチをして、

 その後ひとりで吉祥寺をうろつく。


 やることはいっぱいあるけれど、

 たまにはいいでしょう。


 井の頭公園に行く途中の、

 珈琲屋さんでゆっくり本を読んで。



 じゅうぶんにゆっくりしたので、

 またいろいろの続き
 
 (コード本、best盤の仕上げ、公会堂の準備、その他の雑務)

 を、

 がんばります

 
 

2018年9月29日土曜日

GO AROUND JAPAN 2018


 埼玉越生の、GO AROUND JAPAN 2018に参加させていただきました。


 遠い場所だし、遠足気分で、矢野絢子ちゃんとも仲の良い"まいねえさん"を誘って二人で出かけた。

 台風が近づいていて、雨がそぼ降る中の演奏だったけど、

 雨もまた良しです

photo by 矢野絢子ちゃん。ありがとう!

 
 控え室で、絢子ちゃんとまいねえさんと、女子トークで盛り上がる。

 かわいい人。

photo by まいねえさん。ありがとう!


 
 夜は、"暗闇トリップ番外編"という企画で、

 水着風呂で歌った。

 暗闇に、竹でつくったロウソク立てがあちこちに置かれ、とても幻想的。

 PAなしだけど、お風呂場なので、声が響いてとても気持ちいい。

 ときどき、水の音も響いて。

 (わたしが歌っているとき、眠ってしまってお湯にぼちゃーんとなった方もいた笑)


 ほかのアーティストの方々みんなそれぞれに、素敵だった〜

 新しい出会いに感謝。


 その夜は、まいねえさんと飲みながらのんびり話し、

 そこにささきりょうたくんがふらりと現れて、一緒に混ざってのんびりと話した。

 
 イベントに呼んでくれた代々木原シゲルくんはじめ、スタッフの方々は、台風への対応でほんとに大変だったと思います。大変おつかれさまでした。

 どうもありがとうございました!

  

 

2018年9月24日月曜日

勝手にウッドストック2018


 第一回目から参加させてもらって、毎年楽しみにしてきたバンバンバザール主催の勝手にウッドストック。

 今年で最終回ということで、

 二泊三日、がっつり参加させてもらいました〜

 
 1日目は、ハッチェルさんバンドがトリで盛り上げてくれて。


 
 その夜は、筏ステージでフクシマくんとクロちゃんと今野くんとエノッキーさんと、1曲演奏させてもらいました。

 夜の筏、素敵だった。


 2日目は、

 朝ごはんに、ハバナムーンの超美味しい、沁みるおかゆをいただいた。


 わたしと塚本くんは、お昼すぎに湖上のステージで演奏させてもらいました。心を込めて。



 そしてゆるゆるとお酒をたしなみながら、

 すべての音楽を楽しませてもらいました〜



 出演者の人たちみんな、ほんとに素晴らしくって。



 こんなイベント、なかなかないよなあ、と思いながら。

 
 トリのバンバンライブも、さいこうでした。


 
 すべての場面がいとおしく、

 終わってしまうものへの切ない気持ちと、

 今までの感謝と、

 現在進行形の楽しさと、

 そういうのがないまぜになって、

 泣きたいような、

 笑いたいような、

 踊り出したいような、

 そんないろいろな気持ちになるのでした


 2日目の夜はそのまま、

 朝になるまでおしゃべりしながら飲んで、

 しらじらと朝が明けた頃に、

 眠りについたのでした。


 (塚本くんは朝5時も過ぎて人数がずいぶん減った頃、おもむろにギターを弾き始め、わたしがそろそろバンガローに帰ろうとする6時過ぎ、アンコール!と言われてそれに答えていた。一晩中お酒を飲まず、終始シラフで酔っ払いのわたくしどもに朝まで付き合っていたその体力、精神たるや!)
 
 
 わたしの寝る場所は、
 
 バンバンメンバーたちのバンガローにお邪魔させてもらうかたちで、

 彼らの健やかなイビキが、

 ごーっ

 がーっ

 と終始響いていて、

 ああなんだか、

 こんな合宿みたいなの、

 いいなあ


 でももう、終わるのだな

 一緒に、良い時代を過ごしてくれてありがとう。

 そんなふうに思いながら、

 みなさまの寝息やイビキを子守唄に、眠りについた。


 翌日のクロちゃんのステージでの告白でわかったのですが、

 よかれと思って消した電気に、

 イビキ対策の電源を繋げていたらしく、

 電気を消したらそれも止まって、

 クロちゃんはずいぶんと苦しい思いをしたらしい。

 
 わたしは自分が原因とも知らずに、

 "今にも死にそうなイビキをしているなあ"

 と、ぼんやり思いながらうつらうつらと寝ていたのでした


 ごめんよ、クロちゃん!

 死ななくてよかった!!

 と、後で知って、平謝りしました。笑


 3日目。

 すべてが終わっても、

 まだ名残惜しそうに、

 残ってる人たちはまだまだ演奏したりする。




 ハッチェルさんは、

 お昼からもう、

 カンパリの入ったマグをどうぞと回してくる。

 カンパリは二日酔いにならないらしい!

 と。

photo by / Sコースのコマエさんより。ありがとう!

 わたしも朝まで充分飲んだけれど、

 そう言って差し出されると、

 では、いただきます、という流れになる(そういう性分)。




 そんなこんなで、

 またお昼からじわじわと飲みながら、

 バンバンと、Sコースのみなさまの片付けを見守り(ときには手伝い)、

 バンバンチームの搬出を見届け、




 ずいぶんゆっくりとして、

 相模湖を後にしたのでした。


 そしてそこで終わりではなく!

 相模湖駅そばの、かどや食堂でその続きが始まる。

 
 一緒に向かったたまの知久さんは、

 その後国立でワンマンライブがあるというのに、

 入り時間に間に合うギリギリまで、一緒に飲んでいた。

 
 そして、中央線でいろんな話をしながら帰った。

 (他の人たちはもちろんそのまままだまだ飲んでいたよ。元気だなあ!)


 勝手にウッドストック、17年間、素晴らしい時間をありがとう。


 みんなの心に灯してくれた素敵な光は、

 これからいろんなことに繋がっていくのだと思います。
 

 p.s.帰る前に、山口ボート場の奥様とフクシマくんと話していて聞いたはなし。

 今年Sコースに参加しているひとりの若者は、子供の頃このイベントに両親に連れられてきて、そのときの楽しかった夢のような記憶、あれは本当だったんだろうか、と、そのことを確かめるために、大人になって、自分で参加したらしい。なんて素敵な種を植えたんだろう。その話を聞きながら、じーんと泣けてしまったよ。

2018年9月17日月曜日

吉祥寺モモカレーライブ


 はせがわかおりちゃんに声をかけてもらって、

 吉祥寺のモモカレーにライブを見に行かせてもらいました

 かおりちゃんも、茶飯事くんも、としまさも、福岡のボギーさんも、とっても素晴らしかった〜

 ありがとう!


 ライブ後も、

 また演奏がはじまったりして。

茶飯事くん。

 楽しい夜でした。



  


2018年9月16日日曜日

北区のディープゾーンでひとり芝居観劇


 エンディングテーマを提供させていただいた、映画「ねぼけ」の主役、友部さんのひとり芝居にお誘いいただいて、北区までお芝居を観に行きました。


 ココキタという地域の文化施設。

 王子駅からバスで向かう、

 今まで足を踏み入れたことのない未知のエリア。

 
 最寄りのバス停、豊島五丁目団地。

 バスを降りたとたん、

 ほはー ...

  となる。

 昭和の巨大高層団地群。


 日本じゃないような感じもするし、

 時代をすんごく遡ったような異次元地帯。

 こんな場所があって、

 そしてここで暮らしている人たちがたくさんたくさん、このマンションの莫大な戸数ほどいることに、軽くめまいがするような。笑

 
 ディープ昭和ゾーン。

 
 そんな風景に圧倒されながら、

 ココキタに向かった。


 友部さんのひとり芝居、

 とても素晴らしかったです。

 つかこうへいさんの「ハゲデブ殺人事件」という作品で、

 内容もとても面白かったし、

 友部さんの生き生きとしたお芝居に引き込まれて、

 じーんと、なんども泣きそうになりました

 
 貴重なひとときを、どうもありがとうございました!