2019年1月10日木曜日

カズキチシッター


 ズクナシ衣美ちゃんの愛息子カズキチ(2才半)。


 わたしはいつもカズキチに会いたいと思っている。

 吉祥寺の母として。笑


 カズキチに会えない日がずいぶんと続くと、

 衣美ちゃんに

 「カズキチ欲」

 とだけLINEしてしまうこともある。笑


 そしてこの日はズクナシのマスタリングの間、

 久しぶりに預かれることに。

 
 わたしが昔よく息子を連れていった吉祥寺の児童館"0123"で、

 今は、"カズキチの母"のような顔をして、

 かわいい彼を眺めながら過ごす。




 ときどきこっそり、ほっぺにチュウをして、クンクンする。勝手に。

 至福。


 そうして、0123は16時には終わってしまうので、

 それからふたりで、路地をぶらぶらと歩く。

 たぶんマスタリングはまだ終わらないから。


 ぶらぶら歩いて、途中、知らないアパートの庭先に入り込む。

 カズキチは人のお庭にぐいぐいと入っていき、こっちにおいで、とわたしを誘う。




 カズキチはいいけど、わたしは大人だから"ふほうしんにゅう"になっちゃうんだよ、と、そんなやりとりをしながら、うまいことこちらに誘い出す。


 そうこうしながら、昔息子とあそんだ公園に着く。

 この時点で、もう薄暗い。

 公園には、だあれもいない。

 そして寒い。

 けれどもカズキチはうれしそうに靴を脱ぎ、

 砂場で遊びはじめる。

 まあそれもいいだろう、

 と、見守りながら、

 少しお腹がすいたので、

 持っていたお菓子"ギンビス"をつまむ。

 カズキチにもあげる。


 夕暮れのだれもいない公園の砂場で、

 夕空と三日月を見上げながら、

 ギンビスをかじり、

 カズキチにもあげ。

 そんな感じがなんだかふうわりと、いい時間だった。


 そしてなんども二人ですべり台を滑り降り。

 滑り降りるたびに、

 わたし自身わーい!となる。(もちろんカズキチも)

 すべり台、たのしい。


 大人ひとりではしゃいで滑ってるのはヘンだけれども、

 小さな子と滑っていればヘンに見えない。

 これはいい。


 そんなふうにしばらく公園であそんで、

 もうすっかり暗いので、

 おかあさんのとこに行く?

 と聞いてみると、

 はい!

 と良い返事。

 
 もう充分にあそんだようだ。


 スタジオに向かって、歩きはじめる。

 その途中、

 自分の声が響くポイントをみつけて、

 なんどもこだまを楽しむカズキチ。

 
 通りの白線の上を忠実に歩くカズキチ。


 すべてがかわいらしい。

 
 これはもうおそらく、祖母の目線。


 そうして、スタジオまでの道のりを、白線を伝ってがんばって歩いていたカズキチが、

 あと少しで到着、というところで、

 抱っこ、のモードに。

 よしきた、

 と、抱っこをすると、

 少し歩いたところでスウスウと寝てしまった。

 ずいぶんと、遊ばせ過ぎてしまったようだ。


 もう、かわいいなあ。


 グウスヤと寝ているカズキチをお土産にスタジオに戻ると、

 ちょうどマスタリングも終わったところだった。

 
 良い1日だった。

 ありがとう。
 

2019年1月6日日曜日

下北沢lete with 塚本功




 この日のleteのライブは、

 本番、

 声がぜんぜん出なくなってしまった


 年末年始に、それまでのたまった疲れと、

 ちょっと気がゆるんだこともあって、

 喉の痛みと咳が、本格化してしまった。

 そして前日まで、実はほとんど声が出ない状態で。

 (当日の本番までにはぜったい治すつもりで、普段は飲まない強めの薬も飲んだりして)


 けっきょく、

 本番中、

 咳が止まらなくなってしまう場面もあり、

 いつものわたしの歌を楽しみにしてきてくださった方には、

 本当に申し訳なかったです。


 夕方のサウンドチェックのときの声の枯れ具合は、

 音楽的にはわりといい感じだったんだけどなあ

 
 塚本くんには、そんな中ずいぶんと助けてもらいました。

 すべての曲のキーを下げつつ。

 歌えない部分は代わりに歌ってもらったり。

 ありがとう。

 頼もしい。

 
 でもなんだろう、

 声が出ないぶん、

 感覚的には、

 すごくすごく、

 研ぎ澄まされていたような。


 せっかくなので"枯れた声"で歌いたい曲、

 を、

 おもむろにおもいつくまま歌う中、

 中森明菜の「セカンドラブ」を急に歌ったり。


 ともかく自分史上、二番目に声の出ないステージでした。

 (一番出なかったのは2005年のバンバンバザール主催の六甲山のフェスで、それはもうほんとにスナックのママのような声で、そのときはバンバンのあたたかなサポートにずいぶんと助けられた)
 
 声がこんなですみません、と謝りながらのステージでしたが、
 
 お客さんたちのあたたかい空気に、とても助けられました。

 ありがとうございました。

 
 声は楽器で、

 ほんとに替えがきかないもの。

 わたしはこの宝物を、

 もっとちゃんと大切にしなくては。

 と誓いつつ、


 キーを下げたものも、

 けっこう雰囲気が変わって良いかも、

 という発見もあり。


 そんな新年のはじまりのライブでした。

 
 1部の、かろうじて声が少し出ていた演奏を2曲だけ、期間限定でサウンドクラウドでお届けします。

Lazy River(歌詞がときどきモニャモニャになるのは、声枯れ関係なくいつもの歌詞飛びです、、)
https://soundcloud.com/user-490989798/lazy-riverlive06jun2019-at-lete-shimokitazawa-tokyo

JEALOUS GUY
https://soundcloud.com/user-490989798/jealous-guy

2019年1月3日木曜日

2019年あけましておめでとうございます



 2019年、あけましておめでとうございます。

 おかげさまで2018年は、とても実りある、充実した1年でした。


 デビュー以来、基本的にはずっと、"流れに乗っかる"スタイルで活動してきたけれど、

 昨年はデビュー20周年ということもあって、

 よしいつもよりがんばろう、と、

 ガラリと自分のモードを変えて、

 "自分で流れをつくり出す"方向にシフトチェンジしてみました


 それまでの"受け身"スタイルは、それはそれでお気楽でよかったけれども、

 じぶんでいろんなことを企画して、

 それに向かってひとつひとつやれることをやっていくのは、

 じぶんの持っている本来の力を信じるきっかけにもなる、

 とても良いチャレンジの年だったとおもいます。


 いろいろ心配なことがあったとしても、

 まずはリラックスして、

 "自分自身の本来の力と、最高の宇宙の流れを心から信頼する"

 ことが大切だな、と実感しました。

 
 とくに10月から年末までは、

 そんな自分の無茶振りで毎日がとにかくむちゃむちゃ忙しく(それに加えて飲み活動も力を抜かないしね笑)、

 ブログを書くヒマもないほどに日々忙殺されていましたが、

 年が明けてホッとひと息。

 
 気を抜くとすぐに"流れに乗るだけ"スタイルのじぶんに戻ってしまって、

 先々のことなどぜんぜん計画しないほわーとした感じになってしまいますが(笑)、

 少しずつまたおもしろい流れをわくわくとつくっていきたいとおもいます。

 
 いつもあたたかく見守ってくださり、どうもありがとうございます。


 2019年も、ひとつひとつのライブを大切に、

 心を込めて歌を届けて行きたいとおもっています。


 まずは、1月6日(日)の下北沢leteでの塚本功さんとのライブから。

 https://inotomo.net/2018/12/06/1152/

 
 今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


 2019年1月3日
 とても良いお天気の吉祥寺より。
 イノトモ