2019年6月19日水曜日

"ニューイヤー勝手フェスティバル"プレイベント第3弾@吉祥寺コピス前


 吉祥寺コピス前“ニューイヤー勝手フェス”プレイベント、盛り上がりましたね〜


 楽しかった〜

 たくさんの笑顔とおひねり、ありがとうございました! 


 途中、小島麻由美ちゃんがふらりと現れたり、

 湯川潮音が偶然通りかかったり、



 佐野史郎さんも現れたり。

エノッキーさんとのツーショットは珍しいらしいです♪

  
 吉祥寺に住んでいますが、こんなに一度に知り合いと街中で会うことはないです!(クドカンさんも通りかかったそう。わたしは知り合いではないけど吉祥寺で時々お見かけします)

 ライブ後はみんなでカヤシマに流れて、

 その後さらに朝5時までやってるお店に流れて、

 お決まりの、“朝まで飲み”コースでした。

 ひー!元気!

 
 それにしても、このニューイヤー勝手フェスのプレイベント、

 毎回とっても楽しいのだけれど、

 ともかく酒代がかかって仕方がないよ〜(そんなに飲まなきゃいいだけの話笑)



 

2019年6月18日火曜日

イノトモ+ゴンドウトモヒコ+徳澤青弦

 


 ゴンドウさんのスタジオで、

 6/29(土)銀座ソニーパークの、

  イノトモ+ゴンドウトモヒコ+徳澤青弦

 のリハーサル。


 二人の音がわたしの演奏に重なるその感じがもう素敵すぎて、

 ぽーっとなって、

 歌詞は飛ぶし、構成もわからんくなるし。


 気をしっかり持ってやろう。

 そんなふうに気持ちを引き締めたのでした。笑


 今回は、この珍しい組み合わせで、

 anonymassの曲や、

 ゴンドウさんの新曲、

 わたくしの新曲も演奏します。


 楽しみだあ

***

 6/29(土)銀座ソニーパーク

“Park Live”

出演:イノトモ+ゴンドウトモヒコ+徳澤青弦

場所: PARK B4/地下4階
17:00~18:00予定
観覧無料
※「”BEER TO GO" by SPRING VALLEY BREWERY」でワンオーダーをお願いいたします。

Ginza Sony Park
中央区銀座5-3-1
https://www.ginzasonypark.jp/

***
 

2019年6月4日火曜日

笹倉くん&中村まりさん&ジョンジョンフェスティバル@吉祥寺スターパインズカフェ


 笹倉くん&中村まりさん&ジョンジョンフェスティバル@吉祥寺スターパインズカフェ、とても素晴らしかったです




 グッドミュージックの夜でした。

 笹倉くんの、こだわりの音づくり。

 まりさんの本物感。

 ジョンジョンの、躍動感あふれる素晴らしい旋律とアンサンブル。

 とっても良かったなあ


 そして、ステージ上から笹倉くんに、8/4(日)スターパインズカフェの笹倉くんバンドコーラス参加のオファーを頂きました(無謀な公開オファー笑)
 
 打ち上げにも混ぜてくれてありがとう。





2019年6月1日土曜日

"ニューイヤー勝手フェスティバル"プレイベント第2弾@所沢mojo


 "勝手にニューイヤーフェス"プレイベント@所沢MOJO、ありがとうございました!



 わたしは塚本くんと混ざりながら演奏させてもらいました。


 出たとこ勝負でやっちゃって、

 歌詞とかふわんふわんで、

 あとで反省、、


 とはいえ、プレイベントでこんなに楽しいのだから、

 本番はさらに盛り上がることでしょう。


 みんなが気持ちで集まって、

 そこには愛しかない世界。

 これぞハッチェルさんの人徳。
 


 吉祥寺に戻ったわたくし達は、




 飲み足りなかったので、

 香川から来てくれたお客さんも巻き込んでガストに寄って、

 閉店で追い出されるまでさらに飲んで締めたのでした(ファミレス飲み)

 

2019年5月31日金曜日

井の頭動物園ツアー


 衣美ちゃん(元ズクナシ)の息子カズキチと、井の頭動物園。



 
 カズキチを愛するシッターたち集合。笑



 
 ひとしきり動物園や遊具を堪能して、



 夕方からは、いせやで乾杯。



 楽しい休日でした!

寝起きでグズってもかわいい


 その後、わたしとドラムの茜は、そこからさらにもう一軒流れて、引き続き飲んだのでした〜


2019年5月26日日曜日

福岡3日目


 3日目の朝ごはんは、

 洋風。

 またもやベランダで。
 (今回、ずっとベランダ笑)



 そういえば井上家はわたしが小さい頃から、

 気候の良いときは縁側で焼肉をしたりして、

 はしゃいでたっけなあ、

 と、思い出した。


 それにしょっちゅうピクニックやバーベキューをする家族。


 野外で食事をするのが好きなのだな。


 真夏におばあちゃん家の庭の木陰で、

 ビニールプールで遊んだついでに、

 はだかんぼうでそうめんやスイカを食べたのも良かった。


 そういう感じ、少し忘れてたかも。

 
 今回の福岡は、

 目的がライブともうひとつ、

 父の退職祝いで家族みんなで集まっての食事会でした



 
 18才からすごーくながーく働いた父は、

 退職したら、

 ともあれ、

 まずはのんびりするのだそう。

 ほんとにお疲れさまでした。
 
 たくさんたくさんありがとう。

2019年5月25日土曜日

福岡2日目


 福岡2日目の朝。

 実家の朝ごはんが毎度とても美味しい。

 良い季節なので、ベランダで。
 

  
 午後までのんびりして、

 夕方からは妹と出かけて、

 超!美味しい赤身肉をいただいた〜



 さいこうだった!


 出かける前に、父が、あんまりお腹いっぱいにならんように帰ってきてね、というので、なにかな、と思っていたら、

 なんと、

 父手づくりのおつまみ登場!


 (これまでで初めて!!)

 もう〜

 かわいい〜


 ベランダで、ワインとともに美味しくいただきました



  

2019年5月24日金曜日

福岡リブラボ


 福岡リブラボライブ。

 今回は、中学時代の同級生イノテツが、革と博多織の小物を出展してくれました




 同級生やもん!ライブに花を添えにくるつもりで来たっちゃけん、売れても売れんでもなんでもいいとよ〜

 と、素晴らしい作品をたくさん持ってきてくれました


 お店はkarauという名前で、天神にありますので、近くを通ったらのぞいてみてくださいね^^


 そして、母と妹が、特製サンドイッチをたくさん用意してくれました
 (妹は受け付けまで担当してくれた)



 ほんとありがたい。


 ライブも、集まってくれたみなさんのあたたかい笑顔のおかげで、とても楽しい時間になりました。



 どうもありがとうございました!


 ライブ後、偶然にも、ちょうど近くでギターの塚本くんがライブをしているとのことで、そのままそちらへお邪魔する流れに。


 わたしに気づいた塚本くんが引っぱり出してくれて、

 2曲ほど、飛び入りで歌わせてもらいました

 ありがとうです!


 そうしてしばらくお店でおしゃべりして、

 その後わたしは、ライブにちらっと顔を出してくれた、もうひとりの同級生セイゴくんがやってる居酒屋にお礼に顔を出して、そこで深夜まで飲んだのでした。

 
 ディープ福岡。
  
 

2019年5月18日土曜日

下北沢こぶたや


 ナギラくんとのすけくんのイベントに呼んでいただきました〜



 ナギラくんは、"勝手にウッドストック"のときに、いつもサブステージのPAでお世話になっていて、明るくて音楽好きの少年(青年)。

 のすけくんは、彼が高校生の頃からイノトモを聴いてくれていたらしく、

 もう何度も会っているのに、わたしを前にして、終始恥ずかしそうだった。

 
 そんな二人のコンビ、お互いにお互いを高め合ってるのかイジリ合ってるのか、

 同い年の、気のおけない感じが出ていて、楽しかったです

 
 ゲストで呼んでくれてありがとうでした!

 セッションも楽しかったな。


 ライブ後、

 翌日がleteギター教室だったので、

 leteにギターを置かせてもらいに行ったら、

 偶然にもトーベンさんの夜だったらしく、

 ライブ後のお客さんたちとのまったりタイムにお邪魔するかたちになっちゃいました

 トーベンさんたちとしばらくゆっくり話して、

 こぶたやに戻ってみんなと飲んで。

 
 帰りは、聴きにきてくれてたサボちゃんやネロくんたちと、

 のんびり帰ったのでした

 (駅まで行ったところでお店にスマホを忘れてると連絡をもらって、小走りで取りに戻るというハプニングはありましたが、みんな朗らかに待っててくれました笑)

 
 

2019年5月13日月曜日

香川→吉祥寺長男堂


 香川から大阪までは、中上くん号で。

 帰りは、島崎智子ちゃんも一緒に。

 車内でのおしゃべり炸裂。

 まるでラジオ番組のようでした(放送できない話ばっかりだったけど笑)



 
 帰りの運転は、途中からゆう子さんが中上くんと交代して担当してくれたのだけど、

 入れ替わる順番を間違えた、

 というか、

 大阪市内に入るともう、

 渋滞や車線変更でゆう子さんプチパニック。

 右と左もわからなくなって、

 お箸の方、お茶碗の方!と中上くんにナビされてた。笑


 せっかく入れ替わったのに、中上くんは助手席でヒヤヒヤしながらナビをして、全然休めなかったという。

 前半ののんびりしたところがゆう子さんだったねえ、

 ゆう子さんが助手席ですんごい夢中で山の写真撮ってたりしたあの時間、

 あそこは写真じゃなくて、運転だった、

 と、みんなで笑ったのでした 笑


 ともかく5時間くらいかけて新大阪に着いて、

 なんとかギリギリ、乗る予定の便に乗れた。


 そこから吉祥寺に戻って、

 そのまま長男堂へ。

 バンバンフクシマくんとフーミンライブ。

 旅帰りの荷物をゴロゴロと引きながら登場したら、

 ちょうど店先にいたフーミンは、

 そのゴロゴロしながら楽器を背負って近づいてくる人物(わたし)を、

 "現実離れした異様な雰囲気の人が歩いてくる"

 と思ったらしい。

 そんなにヘンだっただろうか?笑


 ライブはなかなかにユルユルで、

 店主るみさん不在のため、

 フクシマくん自らお酒をつくってお客さんに出したり、スタッフのサツキさんや私が料理を運んだり。



 

 そしていつもの、出たとこ勝負の演奏。 
 
 その場の雰囲気やノリで、次の曲が決まっていく。

 そこがまた楽しい。

 
 ライブ後にしばらく長男堂でゆっくりして、

 帰りに、ホルモン酒場「わ」に流れた。

 (旅帰りなのになかなか家に帰らない笑)


 ナギラくんが焼くのがとても上手で、

 みんなでワーワー感動しながら頂いた。ありがとう!


 
 朝から長い、

 とても楽しい、

 1日でした。

 

2019年5月12日日曜日

香川 三豊 まちあわせ2019


 香川三豊"まちあわせ2019"ありがとうございました!



 大阪から香川までは、

 中上くんが車を出してくれました。ありがたや。。

 中上くんは大事なときに雨を降らす"雨ふらし"でちょっとした有名人なのですが(笑)、

 晴れやかな晴れ!



 三豊の、自然豊かな場所でのイベントでした。




 そして出演の方々、とにかく全員すんばらしかったです。


 打ち上げも、とっても楽しかったです〜



 主催の和泉さんはじめ、関わってくださったすべてのみなさま、どうもありがとうございました!

 

2019年5月11日土曜日

梅田ムジカジャポニカ


 久しぶりの、安宅くん&ゆう子さんとの3人編成でのワンマンライブ@ムジカ。

 
 新幹線で新大阪に着くと、

 なんと気温32℃の表示。




 大阪、暑い。熱いなあ。

 
 少し早めに着いたので、

 ムジカが開くまでゆう子さんとちょっとだけ二人でお茶。

 
 ゆう子さんは、

 いつもはにかみがちで、

 どちらかというと人付き合いは苦手なようなのだけれど、

 わたしには時おり強めに、

 イノトモさんはもっとライブとかツアーとかやった方がいいですよっ

 わたしはいつでもやりたいですっ

 ギャラとか関係なく!

 と、

 熱めの気持ちを言ってくれるので、

 なんだかうれしくなる。

 
 そしてやっぱりバンドは楽しいなあ!


 お客さんもたくさん集まってくれて、

 どうもありがとうございました。


 遊びにきてくれたスチョリさんにも飛び入りで入ってもらって、楽しくて贅沢な夜でした。

 
 ムジカのせいこさんのごはんも美味しかったな。




 そしていつも関西方面で何かとお世話になってる中上くんも、

 物販係で手伝ってくれました。いつもどうもありがとう^^

 

2019年5月9日木曜日

"中野督夫頑張れ!チャリティーライブ"@スターパインズカフェ


 療養中の中野督夫さん応援企画、

 "中野督夫頑張れ!チャリティーライブ"@スターパインズカフェ、

 どうもありがとうございました!


 集まったすごいミュージシャンの方々(佐野史郎さんも飛び入りで!)の中でわたくしが一番若手、という、なかなかに特別な夜。




 それぞれの方々の、

 督夫さんとのエピソードや思い、

 そしてお客さんたちのあたたかい表情に、

 督夫さんが本当にたくさんの人に愛されてることを実感した夜でした。(企画のトーベンさんの人望も!)

 重鎮の方々のステージ、本当に本当に素晴らしかったです。

 
 督夫さん、少しずつでも回復して行って、また私たちに笑顔を届けてくださいね。

 
 オマケ。

 今回出演の重鎮の方々の中のおひとり、鮎川誠さんが、

 舞台裏でわたくしのギタレレを弾いてくださって、

 ロック魂注入していただきました!


 やたー!

 鮎川さんは、とてもやさしくて素敵な方でした。




 ほわー

 

2019年5月8日水曜日

ライブリハ→マンダラ2


 安宅くん&ゆう子さんと、今週末の大阪、香川ライブ用のリハーサルでした

 二人のおかげで、とっても良い感じ。


 リハーサルの時間を延長したくなって、

 スタジオレダの受付に延長できるか聞きに行くと、

 後ろから

 「井上さん」

 と声をかけられた。

 わたしはもはや"井上"ではないのだけれど、その名で呼ぶ人は誰、と振り返ると、

 学生時代からの友人だった。

  偶然〜


 前にも、

 やはり時間の延長をお願いしに行くと、

 わたしの音楽を聴いてくれていたという方がわたしの後を予約していて、

 イノトモさんならどうぞ、と、30分譲ってもらっちゃったこともある。


 結構前にも、ロビーで督夫さんに偶然会って、

 "音聴いたことないけど、良さそうなバンドやね〜〜"

 と言ってもらったこともある。

 
 レダで誰か知ってる人に会う率高し。

 (下の階のベガもまた然り)


 リハ後、ゆう子さんの誘いで、3人でマンダラ2にストラーダ(ギターの桜井さんとチューバの関島さんがいるバンド)を聴きに行く流れに。


 看板の前で自撮りしようとしてるところに木暮さんが偶然通りかかって、

 3人写真を撮ってくれました



 そして、せっかく会えたので、一緒に入ってもらいましたー!



 木暮さんとも、ごく稀にだけれど、偶然お会いする率あり。(吉祥寺や下北)


 翌日は大事なライブなので、

 わたしだけ、後ろ髪引かれつつちょっと早めに引き上げたけれど、

 ストラーダ、かっこよかったです。


 ありがとうございました!


 

2019年5月5日日曜日

上野スタイル


 このたびの長いGWの連休、どこにも遊びに行かなかったので、

 1日だけ、家族で 出かけた。

 
 仏像展からの、



 鈴本演芸場の寄席。

 (中古楽器屋も経由)


 我が家の休日は、

 渋すぎる。

 でも、

 とても良かった。

 (高校生の息子もそれなりに楽しんでた様子)


2019年4月29日月曜日

新宿末廣亭


 末廣亭に、

 柳家喬太郎師匠の落語を観に行った。


 最近youtubeで喬太郎師匠の「コロッケそば」をみて、

 すごーく本物を観たくなって。

 
 ほかの方々の演目も良かったなあ

 
 寄席、という、普段は行かない場所の感じにもわくわくした。

 
 音楽でも落語でも漫才でもなんでも、

 ライブって、生って、いいなあ


2019年4月26日金曜日

"ニューイヤー勝手フェスティバル"プレイベント@こぶたや


 前日の夕方(アムリタライブの空き時間)に、

 ハッチェルさんから突然

 「あした下北沢こぶたやライブ来れないかな?どうぞー」

 とメールが来て、

 予定が空いていたので、 急きょ参加することになりました。

 
 ハッチェルさんが発起人の、

 9月の相模湖のフェス"ニューイヤー勝手フェスティバル"。

 そのいろいろな経費を、プレイベントで投げ銭で集めちゃおう!という企画。


 参加ミュージシャンはみんなノーギャラなんだけれど、

 この企画を楽しんで盛り上げよう、と集まる感じなのです。


 ハッチェルさんの人間力と、

 これまでバンバンバザールが続けて築いてきた

 "勝手にウッドストック"

 の魅力だな。


 結局すごく楽しいのです。

 集まったみんなが、

 ミュージシャンもお客さんも、

 全員笑ってる感じ。


 わたしはこの夜も、

 楽しく歌って、

 それぞれの演奏を楽しんで、

 良く飲みました!
 

2019年4月25日木曜日

アムリタ食堂ライブ


 吉祥寺アムリタ食堂での投げ銭ライブ、どうもありがとうございました!




 サポートはアニーくん。

 アムリタの美味しいごはんやお酒もいただきながら、

 朗らかな楽しい時間でした。


 途中、休憩時間に、急なリクエストもどうぞ、と言ってみたら、

 お客さんのひとりからビートルズのなにかを、とリクエストいただいて、

 I will を見切り発車でやってみました


 やり始めると、途中から思いのほかコード展開がむつかしくなって、

 演奏中、無残にコードを探りまくる場面もあり、

 ギリギリ、アウトな演奏になってしまいました、、


 すっかりわからなくなってしまったところは、

 お客さんに”自分の想像力で補填してください”などと言ったりして。

 あちゃーーです

 あとで、jealous guy にすればよかったーーーと思ったりして、けっこう、反省(このあとしばらくの日数、反省を引きずりました笑)。

 うろ覚えの見切り発車はだめですね。。


 とはいえ、アニーくんはそんなときもどんなときも、にこにこと付いてきてくれて。

 わたしがおもむろに客席に歩き出せば、それにも即興で付いてきてくれる対応力。

 どうもありがとう。

 みなさんのあたたかい笑顔と、

 たくさんのお気持ち(投げ銭)も、どうもありがとうございました!


 アムリタ食堂、居心地の良い、いいお店です。

 また歌いに行きたいな。


2019年4月20日土曜日

佐野史郎さんの録音


 翌日のギター教室の資料をつくっていたら、

 レダで録音してるので遊びにきませんか、と、

 とつぜん、佐野史郎さんから電話がきた。


 ちょうど先日、素晴らしいメンバーの方々とのレコーディングを進めている話を聞いたところだったので、

 見学させてもらえるのかな、やった〜

 と、つくりかけの資料を急いで仕上げて、

 お土産に通りがかりの和菓子屋さんでお団子を買っていたら、

 追加の連絡で、

 "よかったらコーラスお願いします"

 と。


 見学ノリで顔を出したら、

 まさかの、

 着くなりすぐに出番!笑


 喉が起きるとか起きないとか、

 心の準備とか、

 そういうのぜんぶすっ飛ばして、

 いきなりの録音。


 なかなかにワクワクな体験でした。


 ほかの作品もチラっと聞かせていただきましたが、

 とってもかっこよかったです!

 アルバムの出来上がりが楽しみです〜


 素晴らしい作品に参加させていただき、どうもありがとうございました!





 関係者の方々。

 こんなふうに、

 吉祥寺で録音してるときに急にコーラスほしくなったら、

 とりあえず声かけてみてください。笑

 ぶっつけ本番で歌いに行きますよ〜

 (酔っ払ってる時間帯でなければ笑)
 

2019年4月18日木曜日

なぞの"悪女"キャラ


 笹倉くんとサボテン高水春菜ちゃんと3人で、

 西荻窪の広島焼き屋さん「カンラン」で飲み会。


 前から行ってみたかったお店。

 3人くらいだといろいろ頼めていいよね、ということで集まった。


 ひとつひとつ、ぜんぶ美味しかったな!


 お店の終わり際、ほかのお客さんたちがいなくなった頃に、

 店主の元気そうな男性が鉄板越しに話しかけてくれて、

 わたしのことを井上さん、と呼んだので、

 あ、その名前、予約のときに言いやすかったので使ったんですが、旧姓です〜

 と言うと、

 とたんに、

 「それは、悪い!悪い女ですよ!旧姓をさらりと使うなんて!!」

 と、やたらとカラんできた。


 え、そんなに、、ですか、、、笑


 夫もこどももいて、円満なことを伝えても、

 ぜんぜん"悪い女"の印象は拭えず、


 こんどは笹倉くんに、

 井上さんは、ほら、こんなにぴったりな服を着ているし!(上だけ確かに、少しぴったりしたカットソーだったけれども)

 ぜったいに"ママカツ"とかしているタイプですよ!
 (ママカツってなんですか、と聞くと、どうやら"パパ活"という、若い女の子にごちそうしたりする、その逆バージョンだそうだ笑)

 お兄さん、騙されないように気をつけて!!

 と助言している。


 いやいや、ここは音楽仲間で、もう長いこと友達ですから、そんな心配はないですよ、とその疑いを晴らそうとするけれども、

 ぜんぜん、

 最後まで、

 お会計してお店を出てもまだなお、

 見送ってくれながら、

 わたしのことを"旧姓をつかって男を騙そうとする悪女"として扱っていた。


 サボちゃんはそんな様子を、ただ静かに笑いながら見守ってくれていた。


 美味しかったからまた行きたいけれども、
 
 次にお店に行ってもまた、

 そんなふうに扱われるのかしら。笑

 
 自己紹介がてら、じぶんのCDを持っていったら、そんなキャラじゃないとわかってくれるかな。笑

 

2019年4月16日火曜日

喜びだけで、暮らしたい


 外側のなにかは本当は必要なくて、

 ぜんぶぜんぶ、

 じぶんしだい、

 ぜんぶオッケー、


 まるまる今の自分を受け入れて、

 そのまんまの宇宙の流れに委ねる、

 ともかく充分に愛され満たされている、

 生きているだけでそれはもう最高、

 みたいな感覚を思い出すだけ、


 なあんてことを聞くし、

 もしかして究極的にはそうなんだろうけれども、


 なかなか

 どうしたって


 外側に求めてしまうなあ


 愛されているかどうか

 無意味に確かめてみて無駄に撃沈したり。



 そんなことの繰り返し。


 試すようなことや、ちょっとした疑いの気持ちや、むちゃくちゃ寂しくて足りない感じ、なんかは、たぶん、真実の在り方からは遠いのだろう。


 とはいえ、真実、悟り、なんて明確に言えるところになぞ、一生たどり着けそうにない気もする。


 そういう"ジンジンヒリヒリする感覚"も嫌いではなかったりして。


 そういうのもぜんぶひっくるめて、最初から愛は、ここにある。


 そしてそれに気付くも気付かないも、自由。



 愛も、お金も、

 自分自身が充分に満ち足りて、

 しあわせな気持ちで

 安心して、

 周りにどんどん与えることができると、

 自然に循環して、

 大きく戻ってくるもののようで。


 足りないと思って欲しがり過ぎるとそれは、

 とたんに焦げ付きはじめる。


 わかっては、いるんだけどなあ。


 なかなか日々、焦げ付きがちです


 それもまた、よし、なのだろうな

 大きな視点でみるとね。

 笑


 苦しい思いは、もういらない。


 喜びだけで、

 暮らしたい。


 なんてね。

 

2019年4月7日日曜日

胎内記憶と青い星


 以前にイベントでご一緒させていただいたこともある、

 胎内記憶の第一人者、

 産婦人科医、池川クリニック院長の池川明先生監修の本

 「だから、ママのところに来たんだよ」

 に、わたしが送った息子のエピソードも載せていただきました(送っていただきありがとうございます!)。




 かわいいイラストで、

 いろんなお母さんとこどものエピソードが、

 シンプルに、絵本のかたちで読みやすくまとめられてあります。

 素敵なエピソードばかりで、じーんとします。


 ちなみに、わたしが送った、当時の息子との会話のエピソードのメモ。

 (本では、このメモの一部を、かなりシンプルなかたちで取り上げていただいています^^)

 ********

 2009年11月3日 (けい7才) 夕飯のとき

 ママ:生まれる前はどこにいたの?
 けい:天国。神さまとか天使さんとかと楽しく過ごしてた。あー天国に戻りたいなあ。天国はね、夜がないんだよ。夕方もない。朝と昼ばっかり。天国は、木ばっかり。ここ(地球)みたいなものはなにもない。鉄とか。ビルとか。

 ママ:どうしてここに来たの?
 けい:神さまが、「けいくんが生まれてほしい人がいるよ」と言ったから。ここ(天国)の人とは、夢の中で会えるんだよ。ボクたちは、夢の中でしか会えない。

 ママ:今でも、寝てるときは天国に戻ってるの?
 けい:そう。いち、に、さーん!ってね。ママも一緒だよ。覚えてないの?

 夕飯後
 けい:ボクは、天国にいたときは羽根が生えてたの。天使の羽根が。


 ー そして、わたしが会話をメモしているのをみて、

 「ママをえらんで生まれてきた、ってかいてね。」

 と、付け足しました^^

 ********

 2010年6月28日 (けい8才) 息子が話したことを急いで書き留めたもの

 天国では、やさしそうなおじいさんの天使がいつもそばにいてくれて、天国も楽しかったけど、ある日望遠鏡で地球をのぞいてみたら、ママと、街が見えて、ママのところに生まれることにした。
それは天使とのお別れだったけど、死んだら天国でまた会える。

 生まれる前は着替え室に入って、はだかになって、そこに穴があるから、そこに入ると、思ったお母さんのところに行ける。

 死ぬのはこわくない。天国に戻れるから。天国で待ってる天使とか人たちがいるから。
 死にたいとは思わないけど、死んでもまた会えるから、別にこわくない。
 おじいさんになって、ヨボヨボになったら、もう死んでも死ななくてもどっちでもいい。

 そのほかのことはもう忘れちゃったの。
 地球に来て、楽しいことがたくさんあったから。

 天国にいるときは、誕生日はなかったの。
 ボクが生まれるとき、おじいさん(天使)は5月8日だって言ってたけど、1日前になっちゃった。
 (実は、出産予定日が5/8で、実際に生まれたのは5/7。これは息子には言ってなかったことなのです。)

 ********


 ちなみに、 もうすぐ17才の本人は、

 こういうことを話したことすら、

 なんにも覚えていません^^

 きっと、

 地球での生活が忙しくて楽しくて、天国で神さまや天使と暮らしていたときのことは、すっかり忘れてしまったのでしょう。


 わたくしに至っては、

 昨日のことすら記憶が怪しいくらいなので、

 もちろんじぶんの生まれる前のことなぞ、覚えているはずもなく。笑



 とはいえ、こういう話を聞いてきた中で、

 わたしたちが生まれる前のことを想像して、

 「青い星」という曲を書きました。


 この曲をライブで歌うときに、時々、息子のそんなエピソードを話すのですが、

 ある時、おひとり、

 「子に恵まれなかった(選ばれなかった)夫婦には少しつらかった」という感想をいただいたことがあります。


 わたしが伝えたかったのは、

 "わたしが息子に選ばれた"、というところではなくて、

 わたしたち"自身"もそんなふうに、

 親や、環境や、じぶんの人生を"選んで"生まれてきたのかもしれない、ということです。

 きっとその方は、お辛いかもしれないけれど、もしかしたら、生まれる前に"子どもに恵まれない人生"を選んで生まれてきたのかもしれない、ということです。(ほかの世で子だくさん過ぎて、この人生では子育てはちょっと休憩、とか、今世では子育てよりも仕事に全人生を注ぎたい、とか^^)

 だから、赤ちゃんに"選ばれなかった"のではなく、その人生を"選択"して、その世界を体験していらっしゃるのかもしれない、と。

 だから、その素晴らしいご自分の人生を、"赤ちゃんに選ばれなかった"とはとらえてほしくないなあ、とおもったのでした。

 そのときにお伝えできなかったので。
 (ライブアンケートでいただいた感想でした)

 この場をお借りして。


 言葉足らずで、つらい気持ちにさせてしまって、すみませんでした。

 そして、そのことを伝えてくださり、ありがとうございました。


 それぞれのみなさんが、じぶんで選んだ素晴らしい人生を、喜びとともに、最高に楽しんでいけますように。



 

2019年3月30日土曜日

岸田繁 交響曲第二番 初演


 東京オペラシティで、

 岸田くんの"シゲ2"コンサート。


 素晴らしかった

 美しくて素晴らしくて、泣けたな。。

 どうもありがとう。


 荘厳で壮大で、親しみやすくて...


 交響曲をつくる作業って、

 神さまと交信するような、

 天の美しさをこの世に降ろすようなしごとなんじゃないかな

 天と地を繋ぐような。


 あんな楽曲を作り上げちゃう岸田くんって、やはりすごいなあ。


 会場で久しぶりにお会いした佐野史郎さんと、

 岸田くんの楽屋に挨拶に行って、

 吉祥寺まで一緒に帰って、

 コンサートの感想をゆっくり飲みながら語り合えたのも、良い時間でした。


 佐野史郎さんはいつも"音楽好き少年"のような感覚でいらっしゃって、

 好きな音楽や音楽家の人たちの話をしてるとき、いつもとてもうれしそう。

 そして、ベテランの役者さんとしての風格をたたえながらも、

 自分を大きく見せるところがなく、いつも自然体で、
 
 気づくと超後輩の天然なわたくしに小皿なんかをちゃっちゃと渡してくれる気遣いもあったりする素敵な方です
 (そのたびに、ああ、気づかずにすみませんっっとなるわけなのですが)


 貴重な良い時間を、どうもありがとうございました!

 

2019年3月24日日曜日

長男堂ライブ


 「ヤーヤーヤー!」シリーズ、第三弾。

 トーベンさん、ネロくん、わたしの3人で、

 長男堂での、生音ライブ。


 生音だと、

 私の場合、声が小さいので、通りを走るバスの音なんかにかき消されそうになったりもするのだけれど、

 でも、その分みんなが耳を澄ましてくれる、

 そのひそやかな感じはなんだか特別。


 最後には、

 遊びにきてくれていた湯川潮音ちゃん、笹倉慎介くん、サボテン高水春菜ちゃんも巻き込んで一緒に演奏。




 楽しかったな。

 ありがとう。


 ライブ後、長男堂の美味しいごはんをいただきながらしばらくおしゃべりした後、

 笹倉くん、サボテン春菜ちゃん、ネロくんと、

 ホルモン酒場「わ」に流れた。

 ここでさらに、

 深く音楽の話に。

 
 こんなとき、ハバナ(今はなきこだわりのレコードバー)があったらな、

 と、ほんとにちょくちょくおもうし、ハバナの仲間はみんなそうおもってる。


 あの店に行くと、

 いつも良いレコードをかけてくれて、

 このアルバム聴いてから帰る、とかなんとか言いながら、

 結局朝になっちゃったりして。


 この夜は、

 「わ」のカウンターで、

 ちょっとだけ、ハバナの感じを思い出したのでした


 

 
 

2019年3月21日木曜日

代官山→下北→西荻

 
 お昼、

 代官山でのサボテン春菜ちゃん&笹倉くんのリリースパーティーに行かせてもらって、




 その後みんなでわいわい移動して(明るい時間にミュージシャンたちが揃ってぞろぞろと都内の電車を乗り継ぐ感じ、わたし的にはなかなか珍しい風景だなと思いながら)

 下北での打ち上げにも参加させてもらって、

 そこから西荻にみんなで流れて戎でさらに飲み、




 Terraでのマコベン(トーベンさんと高橋マコトさんのユニット)のライブにお邪魔させてもらいました

後ろで光っているのは、ゲストドラムの電飾王、小口さん!

 お昼はほっこり系ライブ、夜はガッツリ系ライブの贅沢な2本立て。

 
 それにしてもお昼から終電近くまで、

 ほんとよく呑んだな

 お昼ライブだと、その後長々と飲んでも終電に間に合う。笑


 長くて楽しい一日でした♪

 みなさん素敵な演奏と楽しい時間をどうもありがとうでした!
 
 

2019年3月17日日曜日

ギター教室→吉祥寺飲み


 下北沢leteでのギター教室のあと、

 帰る途中のちょうど良いタイミングに、

 ドラムの茜(ズクナシ)から

 今日どうしてますか

 と連絡がきて、

 吉祥寺で二人で飲むことに。

 
 使いやすい戎ビアホール。

 
 わりに早い時間から飲み始めたのに、

 気がつくとあっという間に閉店時間。

 蛍の光がいやおうなく流れる。

 (このお店はお昼から飲めて、安くて美味しくて使いやすいんだけれども、閉まるのが早い)


 もう一軒行きましょう、

 と、

 二人でバオバブへ流れた。


 ちょうどイベント終わりだった様子で、

 知り合いもちょこちょこいて、

 まだまだ盛り上がってる。


 そこからまた深夜飲み〜


 なかなかに20代前半てきなノリの"コミュニケーション飲み"やっちゃったな


 楽しかったから、

 まあ、いいか^^

 翌日は、おとなしくしよう。

2019年3月15日金曜日

誕生日


 誕生日には、

 毎年、

 家族から何かしらの贈り物が届く。

 もうずいぶんと大人だというのに。


 父からは、

 毎年、ワインのセット。(間違いない!ぜったいに喜ぶ。そして数日で飲み干す)




 母からも、妹からも、

 いつも、ちょっとした素敵なものが届く。



 
 うちの家族は、

 そんなふうに、

 家族の絆が強いなあ

 といつもおもう。


 遠くに住んでいても、

 気にかけてくれる存在があるのは、ありがたいな。


 (わたしはわりにいつもバタバタしていて、

 なにか送れないこともあったりして申し訳なかったりもする、、)